「木のむらキャンプ場」



管理棟


バンガロー

所在地:埼玉県都幾川村
構造:木造
竣工:1986年

発注者:埼玉県都幾川村
設 計:アトリエToDo(松井正澄)、ぼう建築計画(河合嘉夫)、アトリエ・キュウ
総 括:(有)TeamZoo鰐(平井秀一)

 秩父の奥の静かな村。
 自然発生的に河原でキャンプなどをしていた場所を整備。管理棟(Q)、バンガロー棟(ToDo)、便所、調理棟(ぼう)などがある。

 一連のまちおこし等の宿泊施設群の第1号、ここが原点かな。ここからはじまり、岐阜の飛騨小坂(ふれあいの森)。つぎに、茨城の水府(竜神ふるさと村)。そして、岐阜の奥飛騨の宮川村(ナチュール宮川)と続き、
(2001年6月)現在、宿泊棟の増築計画を実施中です。

 傾斜地に建物を設計したのが初めてでした。いろいろ見に行きました。吉阪隆正先生(U研)の八王子セミナーハウス(何回訪れても発見があります)でいろいろ勉強させてもらいました。そんなわけでこれが「原」点なのかもしれません。

[公共施設−目次へ]