H邸
(産地直送住宅)

のマークがある場合はプランをご覧頂けます。マークをクリックしてください。





所在地:千葉県市川市
建築面積:79.38u
延床面積:181.03u
構造規模:木造2階建+小屋裏
竣工:1989年
施工:金山建築共同組合

 産地直送(産直)住宅第1号の住宅。
山形の金山町の杉材でいわゆる「民家型構法」でつくりました。東北地方へ産直をやってくれるところを探しに歩き回り、めぐりあった金山でした。
 木工事の比率をなるべく多くし、コストダウンに挑戦。

 施主が「山」に行き、木材の切り出しから立会い、「この木があなたの家の柱になるのですよ。」は、感激。施主は自然に、倒される杉に手をあわせていました。

 上棟までは産地の金山で加工、その後、上棟に3日ほどかかりました。(金山からおおぜい駆けつけて応援してくれました)
 大工さん3人がアパートを借り自炊をしながらコツコツつくりあげました。
木工事、建具工事は金山の職人。屋根は愛知の塩焼き瓦葺き。アールの桁は二次曲線、金山の製材所で加工。

 敷地のとなりの八幡神社の境内の楠の大木があざやか
な赤い新芽(司馬遼太郎の竜馬がゆくの土佐の高知の桂浜の燃えるような楠の新芽)を体験。本当だ。

 (注)産直は第2号で終わりました。産直の東京事務所がバブル時にはじけてしまいました。(バブルで職人の手配ができず)
 知人のも含めると4棟ほどできました。


[住宅の目次へ]